変形性関節症

人工関節を挿入した変形性関節症

変形性関節症は、人工関節を挿入した場合、
障害等級3級と認定されます。

これは両方に入れても等級は変わりませんが
挿入置換してもなお、日常生活に
著しく制限を受ければ、
2級に認定されることもあります。

●変形性股関節症の場合は、
20歳を過ぎて大人になって
初めて発病するものと、
先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全
などから生じるものがあります。
その場合は20歳前の障害基礎年金の
対象となります。
生まれつきでなくて、高校生の頃までは
体育の授業も休むことはなかったが、
その後19歳になって症状が
現れれば、やはり20歳前
障害基礎年金となります。

場合によっては
小さい頃脱臼して生まれたが、
その後普通の人と変わらず学生生活、
社会生活を送り、40代50代になって
再び症状が出て悪化、
厚生年金加入時が初診日となって
認定になるケースもあるようです。

一口に変形性関節症と言っても、
お一人お一人ケースバイケースです。
また、20歳前でなければ、
初診日や、納付要件について問われます。
障害年金専門の
社会保険労務士

川越昌子事務所

障害年金に関する
セミナー講師、勉強会も

お引き受けいたします。


問合せ、依頼はこちらから

携帯用QRコード

障害年金の社会保険労務士 川越昌子事務所 秋田モバイル
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP