障害年金専門の社労士に依頼する

障害年金専門の社労士にお任せいただく意義

請求をご自身で進められ、

受給出来なかった方も

いらっしゃると思います。

病気だけでもこんなに大変なのに

なぜと思ってしまうことも

あるでしょう。

ご家族の方ならともかく

ご自身が心身ともに

お辛いのに、自分で年金事務所や

市役所に相談に行って、

用紙をもらって、お医者さんに

依頼して各種書類を

揃えるのは容易ではありません。

ついつい字が粗末になって

誤字脱字だらけの請求書や

1行だけの申立書になってしまう、、、。

また、事後重症の診断書は請求日前

3か月以内、障害者特例は

1か月以内の現症でなければなりません。

書類を揃えているうちに期限を過ぎて

しまうこともあるでしょう。

まず、障害年金の請求には

障害年金独自の知識が必要です。

年金全般もわかっていなければ

対応できない場合も多いです。

住民票1枚にも有効期限があります。

それらを一般の方が整えるのは

容易なことではありません。

心疾患で遡及請求の方の

書類が厚さで1センチに

なったこともありました。

障害年金専門の社労士なら

スムーズに対応できます。
PAGE TOP