認定日請求と事後重症請求

認定日請求と事後重症請求、遡及請求

(ざっくりな言い方になりますが)

障害認定日時点での診断書

(原則として障害認定日以後

3か月以内)が入手できれば、

認定日請求できることに

ことになります。

障害年金の制度をわかっていて

初診日から1年6か月を待って

すぐ請求(本来請求と言います)

できる方は少ないと思いますので、

障害認定日から1年以上経過して

請求するときは請求日前3か月以内の

現症の診断書も必要になります。

認定日からだいぶ経って請求しても

障害認定日で受給権が認めら

れれば、遡って支給されます。

これを遡及請求と言います。

認定日の属する月の翌月

から最大で5年分が、

初回にまとまって支給されます。

2枚診断書を提出しても

障害認定日では認められず、請求時

(事後重症)だけで認定されることも

あります。

それでもいいです、という場合は

所定の書面をつけて提出します。

事後重症の場合請求日の属する

月の翌月から支給と

なりますので、診断書を受け取ったら

なるべく早めに提出します。

年金は月単位で支給なので、

月末まで受付けてもらうよう

提出します。遡及請求も5年以内で

なければ早急に請求した方がいいです。

事後重症で受給権を得た後に、

障害認定日での診断書が入手できて

請求することは可能です。
PAGE TOP