障害者特例とは

障害者特例について

特別支給の老齢厚生年金を受給している方で、現在厚生年金に加入していない障害厚生年金3級以上の障害状態にある65歳までの方は、特例を受給できる可能性があります。

例えば、会社をやめて特別支給の老齢厚生年金をもらっているけれど、最近人工関節を挿入したので、再就職は無理だわという方など。

(男性 昭和36年4月1日以前生まれ、女性 昭和41年4月1日以前生まれまで)

障害者特例には納付要件はありませんし、

一度受給したら65歳まで更新はありません。
(※65歳までに2級以上に悪化した場合は逆に注意が必要)

初診日が厚生年金加入中でなくても
構いません。

ただし、初診日から1年6か月経過(またはそれ以前に症状固定していること)、つまり認定日を経過していなければなりません。

診断書は障害年金と同じものを
使用します。
(すでにその傷病で障害年金を受けている人は原則不要)

特別支給の老齢厚生年金の障害者特例は老齢厚生年金ですので金額によっては税金がかかりますが障害年金はかかりません。

障害者特例は第三者行為、労災との支給調整がありません。

65歳からの老齢年金までは時間があるのに、定額部分と配偶者加給年金(厚生年金加入20年以上の方場合によっては65歳前から支給されるのです。

●厚生年金基金から代行部分が支給される方は障害厚生年金を選択していても併給できるケースが多いようです。基金に確認してみてください。


●ただし老齢基礎年金を繰上げしている方、特老厚を繰上げしている方は条件が入ります。

私は現在障害年金3級を受給しています。 (令和4年4月末現在)

今度、5月で61歳になるので、日本年金機構から緑の封筒が来ました。手続きは65歳になってからでいいですか?

まず、これは基本ですが、たとえ障害年金を受給していても、年金事務所に予約を取って手続きはしてください。
(例えば更新などで障害年金が支給停止した場合など、老齢厚生年金がスムーズに出るよう)

★この方は厚生年金加入期間が15年くらいあり、現在は専業主婦です。ご主人も62歳で退職、今度65歳になられるそうです。ご主人は40年厚生年金加入されていました。この場合、障害者特例を選んだ方が夫婦2人の年金収入が増える可能性があります。障害者特例だと老齢年金なので、ご主人の方に妻の分の加給年金がつきますが、障害年金を受給している妻の場合はつきません。

年金事務所へ行き、見込み額をだしてもらい、税金や基金なども勘案して決めて下さい。
選択届を出すことになります。障害年金を受給している方は節目節目で選択届を出す必要があります。
障害年金に関する
セミナー講師、勉強会も

お引き受けいたします。

問合せ、依頼はこちらから

秋田県秋田市、横手市、大仙市、湯沢市など秋田県県南地域
秋田市、潟上市など秋田県中央地域、
秋田県県北地域や他県も代行実績あります。
障害年金とは 障害年金の解説 障害年金相談

サポート業務の流れ  料金案内

年金ダイアリー    お客様の声

  Q&A  障害年金相談・代理   

無料障害年金相談会

携帯用QRコード

障害年金の社会保険労務士 川越昌子事務所 秋田モバイル
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP