変形性関節症
Home > 障害年金の解説 > 変形性関節症

人工関節を挿入した変形性関節症

変形性関節症は、人工関節を挿入した場合、
障害等級3級と認定されます。

これは両方に入れても等級は変わりませんが
挿入置換してもなお、日常生活に
著しく制限を受ければ、
2級に認定されることもあります。

●変形性股関節症の場合は、
20歳を過ぎて大人になって
初めて発病するものと、
先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全
などから生じるものがあります。
その場合は20歳前の障害基礎年金の
対象となります。
生まれつきでなくて、高校生の頃までは
体育の授業も休むことはなかったが、
その後19歳になって症状が
現れれば、やはり20歳前
障害基礎年金となります。

場合によっては
小さい頃脱臼して生まれたが、
その後普通の人と変わらず学生生活、
社会生活を送り、40代50代になって
再び症状が出て悪化、
厚生年金加入時が初診日となって
認定になるケースもあるようです。

一口に変形性関節症と言っても、
お一人お一人ケースバイケースです。
また、20歳前でなければ、
初診日や、納付要件について問われます。
お問い合わせ

 当事務所への面談予約・業務依頼は
上のお問合せフォームか電話番号へ
お願いします。

 

まだ検討中の方、迷っている方も
お気軽にお問い合わせください。

☆☆お電話でのお問い合わせはこちらへ 

専用電話 090-5514-4807

受付時間9時~17時 

※出先などで電話に出ることが出来ない場合が

ございますので、留守番電話に残しておいて

いただければ折り返しお電話させて

いただきます。

万が一2日経っても当方から
連絡が来ないと言う場合は
ご面倒ですがもう一度連絡
いただければと思います。

 

.:**:....:**:....:**:....:**:..

.

社会保険労務士川越昌子事務所

〒013-0063秋田県横手市婦気大堤

字下久保157

メールでの問い合わせはこちら


FAX:0182-32-7540

 

主要面談エリア

秋田県中央地域、県南地域、県北地域一部、

岩手県一部、山形県一部


※現在当事務所では業務多忙につき
受任されているお客様最優先で
時間を融通しております。

一般的なご相談に
対応する時間はございません。

一般的なご質問は
月1回の無料相談会の時に
予約していただくか、
申立書用紙をもらった行政機関や、
NPO障害の年金支援ネットワークへ
電話相談ください。


障害年金とは 障害年金の解説 障害年金相談 サポート業務の流れ 料金案内

年金ダイアリー 障害年金の解説

  Q&A 障害年金相談・代理    無料障害年金相談会

大動脈解離・人工弁 変形性関節症 人工透析

 発達障害 知的障害 神経症 うつ病 統合失調症 双極性障害