障害年金生活者支援給付金

障害年金生活者支援給付金

2019年4月1日現在で障害基礎
年金を受給していて
前年の所得額が「4,621,000円+
扶養親族の数×38万円※」以下である
※ 同一生計配偶者のうち70歳
以上の者又は老人扶養親族の場合は
48万円、特定扶養親族又は
16歳以上19歳未満の扶養親族の
場合は63万円。
方は
2019年10月から障害年金生活者
支援給付金が支給されます。
給付金は支給要件を満たして
いるかぎり、毎年継続して
受け取ることができます。
 
給付金の金額は障害等級が
2級の方は月額5,000円、
1級の方は月額6,250円です。

日本年金機構の判定により、
給付金の支給要件を満たしていれば、
2019年9月頃に日本年金機構から
手続きの案内が送られます。同封されて
いる請求書に氏名など
を記入し、返送します。
原則、添付書類は不要です。
(ただし、この時点で所得情報を
確認できない等の方は案内は
届くが後日判定)
2019年4月2日以降に
受給開始となる方は
年金の裁定請求手続きを行う際に、
あわせて給付金の認定請求の手続きを
行うようです。

年金と同じ偶数月、同じ日に振込

10月分と11月分は
12月中旬に振り込まれます。
(なお、2019年12月までに請求された
場合、制度がはじまる2019年10月分
からの支給となります。
2020年1月以降に請求が
遅れますと、請求した月の翌月分
からの支給となるので注意。)
給付金を受け取っている方で引き続き
支給要件を満たしている場合、
翌年以降のお手続きは不要です。
ただし、支給要件を満たさなくなった
ことにより、一度
給付金を受け取れなくなった方が、
その後、再び支給
要件を満たしたことにより給付金の
支給を受けようと
する場合は、改めて認定請求の
手続きが必要となります。
障害年金専門の
社会保険労務士

川越昌子事務所

障害年金に関する
セミナー講師、勉強会も

お引き受けいたします。


問合せ、依頼はこちらから

携帯用QRコード

障害年金の社会保険労務士 川越昌子事務所 秋田モバイル
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP