大動脈解離、人工弁などの心疾患と障害年金

大動脈解離、人工弁などの心疾患

心疾患

大動脈解離などの心疾患
心疾患の障害年金認定基準は各種疾患ごとに
細かく記載されています。

今までよくご相談を受けたケースで
ご説明します。

厚生年金加入中に
それまで健康診断で
指摘を受けたこともなく
通院もしていなかった。
突然発症し、
病院に運ばれ
大動脈解離と診断され(初診日)
手術を行い人工血管を挿入した場合、
その日が障害認定日となり、
かつ症状が
肉体労働などの制限を受ける場合
3級と認定されます。

なお人工弁には
ステンドクラフトも含みます。

このようなケースではすぐ請求できますが、
傷病手当金との調整も発生します。
ただ、のちのち悪化すること
を考え心疾患はその時認定日請求しても
いいのではないかと思われます。

よく心配されるのは
そういえば父親が心不全で
亡くなったとかで先天性のものと
思われるのではないかということですが、
今まで全く発作や胸痛など症状がなく
心疾患で通院したこともなく
社会人としてこれまで特に何もなく
働かれていた場合、厚生年金が初診日と
認定されるようです。

遡及請求と認定日の勘違い

★遡及請求
心疾患で人工弁や人工血管を挿入した方は
その時にさかのぼって認定日できるケースが
多いです。

★1年6か月
よく誤解されている場合がありますが
前から心臓で患っていて通院しており
1年6か月より後に人工弁を
挿入し障害年金を請求しようとされる方は
その時が認定日ではなく
すでに1年6カ月が過ぎておりますので
1年6か月で認定日請求可能か
だんだん悪化して
今請求したい、という話であれば
事後重症の請求ということになります。
やはりおひとりおひとりケースバイケースです。
PAGE TOP