労働保険などその他
Home > 年金ダイアリー > 労働保険などその他

国民年金第1号 被保険者の産前産後期間保険料免除

 

これは朗報ですね。

 

去年12月成立した「公的年金制度の

持続可能性の
向上を図るための

国民年金法等の一部を改正する

 

法律」のひとつに、
 

 

平成3141日から、国民年金第1号

 

被保険者の産前産後期間(出産予定日の

前月
から4か月間)の保険料を免除し、

免除期間は保険料を納めた期間に

 

するそうです。
 

ただこの財源として、国民年金保険料を月額

 

100円程度引き上げ、国民年金の被保険者

 

全体で対応とのことです。

 

考えてみればもっと前からあっても

 

良かった制度です。

韓国ドラマ錐 (2016年12月)

年末なのでちょっと変わった話題を。

「錐」という韓国ドラマを見ていたら、

社労士が出てきました。

韓国での社労士の地位は

高く、企業相手というより

労働者側について、労働問題に

対処する場合が多いようです。

映画「もう一つの約束」にも

登場するように社労士は

日本より社会的存在のようです。

私は今労働関係はまったく扱って

おりませんが、個人を相手に

しているところは同じ。

頑張らなくては、と思います。

産後うつを防ぐため来年度から一部の自治体で健診助成(平成28年10月)

出産後の母親が育児への不安や重圧によって、

精神的に不安定になる「産後うつ」を予防する

ため、厚生労働省は二〇一七年度から、

健診を受ける際の費用を助成する。

深刻化すれば虐待や育児放棄につながっ

たり、自殺を招いたりする恐れがあり、

不調の兆しを早めに見つけ、行政の相談

窓口など適切なケアにつなげるのが狙い。

産後うつは約十人に一人が経験するとされる。

費用助成は産後二週間と一カ月の二回、

それぞれ五千円が上限で、国と市区町村が

半分ずつ負担する。一般的な健診費は

約五千円のため、事業を導入する自治体では、

補助券などによって多くの人が無料で受けられ、

出産した医療機関以外での健診も対象となる。

厚労省は一七年度予算の概算要求に

七億円を盛り込んだ。

健診では母親の身体的な回復状況に加え、

授乳がうまくできているかなど、

子育ての悩みを幅広く聞き、

心身の状態を把握する。

支援が必要と判断されれば、

市区町村による育児相談や指導のほか、

宿泊・日帰りによる産後ケア事業の

利用などを促す

<産後うつ> 子育てに対する不安や、

ストレスの蓄積などによって抑うつ状態に

陥る病気。

強い疲労感、絶望感を覚え、子どもへの愛着を

持てずに育児放棄や虐待にもつながる。

出産前後に、ホルモンバランスの変化など

により一時的に気持ちが落ち込むことを、

一般的にマタニティーブルーと呼ぶ。

詳しくは東京新聞記事へ

平成29年1月1日より65歳以上も雇用保険被保険者に(平成28年11月)

今年もあと2か月切りました。

来年早々、従来雇用保険被保険者として

除外されていた65歳以上の従業員も

「高年齢被保険者」として適用されます。

(ご注意:今までは高年齢継続被保険者

という制度はありました。)

1週間の所定労働時間が

20時間以上で31日以上の雇用見込みが

ある人が対象です。

今年の12月末すでに65歳以上の従業員さんで

引き続き平成29年1月1日以降も継続雇用されて

いる場合、新たに届出して手続きしなければ

いけません。

なお、その方たちの雇用保険料は平成31年度まで

免除だそうです。


厚生労働省のページ
お問い合わせ

 当事務所への面談予約・業務依頼は
上のお問合せフォームか電話番号へ
お願いします。

 

まだ検討中の方、迷っている方も
お気軽にお問い合わせください。

☆☆お電話でのお問い合わせはこちらへ 

専用電話 090-5514-4807

受付時間9時~17時 

※出先などで電話に出ることが出来ない場合が

ございますので、留守番電話に残しておいて

いただければ折り返しお電話させて

いただきます。

万が一2日経っても当方から
連絡が来ないと言う場合は
ご面倒ですがもう一度連絡
いただければと思います。

 

.:**:....:**:....:**:....:**:..

.

社会保険労務士川越昌子事務所

〒013-0063秋田県横手市婦気大堤

字下久保157

メールでの問い合わせはこちら


FAX:0182-32-7540

 

主要面談エリア

秋田県中央地域、県南地域、県北地域一部、

岩手県一部、山形県一部


※現在当事務所では業務多忙につき
受任されているお客様最優先で
時間を融通しております。

一般的なご相談に
対応する時間はございません。

一般的なご質問は
月1回の無料相談会の時に
予約していただくか、
申立書用紙をもらった行政機関や、
NPO法人障害年金支援ネットワークへ
電話相談ください。


障害年金とは 障害年金の解説 障害年金相談 サポート業務の流れ 料金案内

年金ダイアリー 障害年金の解説

  Q&A 障害年金相談・代理    無料障害年金相談会

大動脈解離・人工弁 変形性関節症 人工透析

 発達障害 知的障害 神経症 うつ病 統合失調症 双極性障害