大動脈解離、人工弁などの心疾患
Home > 障害年金の解説 > 大動脈解離、人工弁などの心疾患

心疾患

大動脈解離などの心疾患
心疾患の障害年金認定基準は各種疾患ごとに
細かく記載されています。

今までよくご相談を受けたケースで
ご説明します。

厚生年金加入中に
それまで健康診断で
指摘を受けたこともなく
通院もしていなかった。
突然発症し、
病院に運ばれ
大動脈解離と診断され(初診日)
手術を行い人工血管を挿入した場合、
その日が障害認定日となり、
かつ症状が
肉体労働などの制限を受ける場合
3級と認定されます。

なお人工弁には
ステンドクラフトも含みます。

このようなケースではすぐ請求できますが、
傷病手当金との調整も発生します。
ただ、のちのち悪化すること
を考え心疾患はその時認定日請求しても
いいのではないかと思われます。

よく心配されるのは
そういえば父親が心不全で
亡くなったとかで先天性のものと
思われるのではないかということですが、
今まで全く発作や胸痛など症状がなく
心疾患で通院したこともなく
社会人としてこれまで特に何もなく
働かれていた場合、厚生年金が初診日と
認定されるようです。

遡及請求と認定日の勘違い

★遡及請求
心疾患で人工弁や人工血管を挿入した方は
その時にさかのぼって認定日できるケースが
多いです。

★1年6か月
よく誤解されている場合がありますが
前から心臓で患っていて通院しており
1年6か月より後に人工弁を
挿入し障害年金を請求しようとされる方は
その時が認定日ではなく
すでに1年6カ月が過ぎておりますので
1年6か月で認定日請求可能か
だんだん悪化して
今請求したい、という話であれば
事後重症の請求ということになります。
やはりおひとりおひとりケースバイケースです。
お問い合わせ

 当事務所への面談予約・業務依頼は
上のお問合せフォームか電話番号へ
お願いします。

 

まだ検討中の方、迷っている方も
お気軽にお問い合わせください。

☆☆お電話でのお問い合わせはこちらへ 

専用電話 090-5514-4807

受付時間9時~17時 

※出先などで電話に出ることが出来ない場合が

ございますので、留守番電話に残しておいて

いただければ折り返しお電話させて

いただきます。

万が一2日経っても当方から
連絡が来ないと言う場合は
ご面倒ですがもう一度連絡
いただければと思います。

 

.:**:....:**:....:**:....:**:..

.

社会保険労務士川越昌子事務所

〒013-0063秋田県横手市婦気大堤

字下久保157

メールでの問い合わせはこちら


FAX:0182-32-7540

 

主要面談エリア

秋田県中央地域、県南地域、県北地域一部、

岩手県一部、山形県一部


※現在当事務所では業務多忙につき
受任されているお客様最優先で
時間を融通しております。

一般的なご相談に
対応する時間はございません。

一般的なご質問は
月1回の無料相談会の時に
予約していただくか、
申立書用紙をもらった行政機関や、
NPO障害の年金支援ネットワークへ
電話相談ください。


障害年金とは 障害年金の解説 障害年金相談 サポート業務の流れ 料金案内

年金ダイアリー 障害年金の解説

  Q&A 障害年金相談・代理    無料障害年金相談会

大動脈解離・人工弁 変形性関節症 人工透析

 発達障害 知的障害 神経症 うつ病 統合失調症 双極性障害