障害者特例とは
Home > 障害年金の解説 > 障害者特例とは

障害者特例について

特別支給の老齢厚生年金を

受給している方で、

現在厚生年金に加入していない

障害厚生年金3級以上の

障害状態にある65歳までの方は、

特例を受給できる可能性があります。

例えば、会社をやめて特別支給の老齢厚生年金を

もらっているけれど、最近人工関節を挿入した

ので、再就職は無理だわと言う方など。

(男性昭和36年4月1日以前生まれ、
女性昭和41年4月1日以前生まれまで)

障害者特例には納付要件はありませんし、

一度受給したら65歳まで更新は

ありません。
(※65歳までに2級以上に悪化した場合は逆に注意が必要)

初診日が厚生年金加入中でなくても

構いません。

診断書は障害年金と同じものを

使用します。
(すでに障害年金を受けている人は
原則不要)

特別支給の老齢厚生年金の

障害者特例は老齢厚生年金ですので

金額によっては税金がかかりますが

障害年金はかかりません。

障害者特例は第三者行為、労災との

支給調整がありません。

65歳からの老齢年金までは

時間があるのに、定額部分と配偶者加給年金

65歳前から支給されるのです。

●厚生年金基金から代行部分が支給される方は

障害厚生年金でも併給できるケースが

多いようです。基金に確認してみてください。


●ただし老齢基礎年金を繰上げしている方、

特老厚を繰上げしている方は

条件が入ります。
お問い合わせ

 当事務所への面談予約・業務依頼は
上のお問合せフォームか電話番号へ
お願いします。

 

まだ検討中の方、迷っている方も
お気軽にお問い合わせください。

☆☆お電話でのお問い合わせはこちらへ 

専用電話 090-5514-4807

受付時間9時~17時 

※出先などで電話に出ることが出来ない場合が

ございますので、留守番電話に残しておいて

いただければ折り返しお電話させて

いただきます。

万が一2日経っても当方から
連絡が来ないと言う場合は
ご面倒ですがもう一度連絡
いただければと思います。

 

.:**:....:**:....:**:....:**:..

.

社会保険労務士川越昌子事務所

〒013-0063秋田県横手市婦気大堤

字下久保157

メールでの問い合わせはこちら


FAX:0182-32-7540

 

主要面談エリア

秋田県中央地域、県南地域、県北地域一部、

岩手県一部、山形県一部


※現在当事務所では業務多忙につき
受任されているお客様最優先で
時間を融通しております。

一般的なご相談に
対応する時間はございません。

一般的なご質問は
月1回の無料相談会の時に
予約していただくか、
申立書用紙をもらった行政機関や、
NPO障害の年金支援ネットワークへ
電話相談ください。


障害年金とは 障害年金の解説 障害年金相談 サポート業務の流れ 料金案内

年金ダイアリー 障害年金の解説

  Q&A 障害年金相談・代理    無料障害年金相談会

大動脈解離・人工弁 変形性関節症 人工透析

 発達障害 知的障害 神経症 うつ病 統合失調症 双極性障害